<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

流木の小枝

c0144527_21493366.jpg砂浜に辿り着いた流木の枝。

折れてしまった小枝の先っぽまで滑らかに磨かれているものを時々見つけます。小鹿の頭に生えてきた初々しいツノみたいで、思わず撫でたくなってしまいます。








c0144527_2118082.jpg枝分かれした流木は、色んなモノに変身して楽しませてくれます。
細い枝はピアス掛けになったり、親指くらいの太さのものはフックになったり、箱の取っ手になったり、もうちょっと大きなものはコート掛けに…。

長くて険しい海の旅にめげなかった流木の小枝は、繊細な姿と強い力の両方を持っています。


流木のフック。
福岡のmaze mozeさんと鹿児島のさくらんぼさんで販売しています。

[PR]
by treepocket | 2008-02-28 21:47 | 素材

流木小枝のキーボックス

ご注文いただいていたキーボックスが仕上がりました。

c0144527_2374578.jpg

慌しい朝も、疲れて帰った夜も、
いってらっしゃい。お帰りなさい。

ふたを開くと流木の小枝がきちんと
並んで待っています。
大切なカギや身の回りの小物たちの
いつもの居場所になりますように。




c0144527_2381891.jpg



流木小枝3つタイプのSサイズ 
      w170h120d70mm

流木小枝5つタイプのLサイズ 
      w235h120d70mm

[PR]
by treepocket | 2008-02-21 23:38 | モノづくり

赤と白のたな

c0144527_16383772.jpg赤・白・赤・白・赤…白。

リズム良くきちんと塗り分けられた一枚の板。
持ち場を離れて、長い長い海の旅へ出て、私の暮らす街の
砂浜に辿り着いてくれました。

赤と白の流木板を見つけると、嬉しくなります。
長旅を物語っているような、その姿がカッコよくて。
そのままとっておきたいなと思ったり、何を作ろうかなと
考えたり、眺めるだけでワクワクします。




c0144527_16385182.jpg海の旅を終えた板と、古いカギや針金。
それぞれの場所で静かに長い時間を過ごしてきた
モノたちを集めて、細長い棚が出来ました。

7階建ての木造アパートみたいです。
1階部分には錆びた針金、5階に空色の鉄板、
最上階の7階には古いカギをつけました。




c0144527_16392282.jpg





1階のこの針金、どこからやって来たのでしょうね。

[PR]
by treepocket | 2008-02-14 17:40 | モノづくり

マメカガミ

c0144527_1749754.jpg小さい鏡、マメカガミ。

僕を映す鏡が欲しい、と言ってマメカガミを買っていった男の子がいました。

今頃、あの小さな鏡にどんな僕が映っているのかな。









c0144527_17363887.jpg小さい鏡、マメカガミ。

お世話になっている女性に贈りたいと注文してくれた人、奥さんへの出張のおみやげに選んでくれたスーツ姿のビジネスマン。 

この小さな鏡に気持ちを伝えるお手伝いができたかな。


マメカガミの詳細はこちら

[PR]
by treepocket | 2008-02-04 20:52 | モノづくり

宝もの箱

c0144527_23411434.jpg小さい頃の宝箱に何が入っていましたか?それは、どんな箱でしたか?

私の一番遠い記憶にあるのは、朱色の大きな缶です。ビー玉や小さなオモチャがいっぱい入っていて、蓋を開けてザァーッとひっくり返すと 床に宝物が散らばって。そのザァーッの瞬間が大好きでした。

5年程前に作ったJunk Boxというなまえの赤い宝箱。宝物を入れることのないままずっと私の部屋に居ます。

箱は、何かモノを入れて初めて箱の役割を果たすのかもしれません。でも、この中に何を入れようかな…と想像したり、フタを開ける時にちょっとワクワクしたり、それだけで充分に箱の役割を果たしているようにも思います。



c0144527_2354493.jpg

手にした時の感触や、フタを閉じた時のパタンという音や、そんな些細な点を少しずつ変化させながら 今はこんな箱を作っています。

近々、さくらんぼさんに納品の予定です。

[PR]
by treepocket | 2008-02-01 00:21 | モノづくり