赤と白のたな

c0144527_16383772.jpg赤・白・赤・白・赤…白。

リズム良くきちんと塗り分けられた一枚の板。
持ち場を離れて、長い長い海の旅へ出て、私の暮らす街の
砂浜に辿り着いてくれました。

赤と白の流木板を見つけると、嬉しくなります。
長旅を物語っているような、その姿がカッコよくて。
そのままとっておきたいなと思ったり、何を作ろうかなと
考えたり、眺めるだけでワクワクします。




c0144527_16385182.jpg海の旅を終えた板と、古いカギや針金。
それぞれの場所で静かに長い時間を過ごしてきた
モノたちを集めて、細長い棚が出来ました。

7階建ての木造アパートみたいです。
1階部分には錆びた針金、5階に空色の鉄板、
最上階の7階には古いカギをつけました。




c0144527_16392282.jpg





1階のこの針金、どこからやって来たのでしょうね。

[PR]
by treepocket | 2008-02-14 17:40 | モノづくり
<< 流木小枝のキーボックス マメカガミ >>